読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

大声や態度の悪い相手に対して無意識にスイッチを切るようになったよ

生き方・働き方

こんにちは。仕事は接客、趣味はランニングと読書と旅行の貫洞です!


こちらの記事を読みました。

www.usamofu.com

これを読んで思ったんですけど、わたし最近、相手から敵意を向けられたなーと思った瞬間、公私問わず「スイッチを切る」ようになっちゃったんです。。

たとえばぶつかった相手が「おい、何やってるんだ!」と怒鳴ってきた場合。こんな場合も以前(接客がつらくてメソメソしていた時期)なら「どうしよう…」とビクビクしていたのですが、最近なんていうか


「ああ、感情むきだしですね」
「ああ、お怒りですね」
「傾聴? かわす? どっちが時間取られないかな?」


こんな感じで脳内に一瞬でフローチャートができて、どういう行動を取るか決める感じです。仕事じゃない場合は傾聴は基本無し。自分が悪い場合はこっちから謝るけど、怒鳴る人の場合大抵「相手が機嫌が悪い」とかそういう理由だから。


そして気持ちの切り替えがすさまじく速くなりました…。


怒鳴られた直後でも普通に接客をする…というのはかなり「感情筋」を鍛えているのだと思います。怒鳴られても眉ひとつ動かさずに(声デカ…)と思える自分がこわいです。一定以上のデシベル数だと耳がいたくて顔に出てしまいますが、普通の声ならあまり動じないです。


そんなに怒鳴られる機会など無いとは思いますが、絡まれたときでも冷静に逃げたりできるので、結構便利かもと思ってます。


常にぶれない心でありたい。折れない心でありたい。

f:id:keisolutions:20150604120939j:plain


ひとりごとでした~♪


では、また。

follow us in feedly