読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

ジェンダー論はさておき。

生き方・働き方

こんばんは。貫洞です。

突然ですが「悩み」って人に相談しますか? 私はできれば相談して早く心を軽くしてしまいたいです。誰かに話すことで心はかなり軽くなりますよね。

ただ、相談する相手には気を付けた方がいいな、と思います。

今だから言えることですが(時効?笑)、会社経営を始めたばかりの頃に、毎日悩んでばかりの事がありました。それはもう毎日が分岐点の連続で、全て自分で決断しなくてはならないので、気持ちが疲れてしまっていました。

そんな時、ある方(男性)が相談に乗ってくれるというので、思っていることを全て相談したんです。「AとBどちらの戦略が良いでしょうか?」「私はスタッフにこういう仕事をして欲しいのですが、どんな風に依頼すればうまく伝わるでしょうか?」という所から、今思っていることをいろいろ話しました。その方は自分の仕事の事例も挟みつつ、たくさん話をしてくれたので、私の中で幾分経営について整理できた気がしました。とてもスッキリした気持ちでお店を出ました。

しかし…事件は帰り道で起こりました。

その方は私にこう言いました。
「貫洞さん、要は愚痴を言いたかったんだよね。いつでも聞くよ」


もう、私びっくりしてしまいまして。自分では愚痴を言っているつもりは1ミリも無かったものですから…。そして、私は「相談をしている」つもりでも相手にとっては「愚痴を聞いている」時間だったのかと思うと申し訳なくて…。

それ以来、どんなに迷っても自分で結論を決める事にしてここまで来ました。基本的に「悩み」は「解」を見つけるための気づきなのだと解釈するようにしました。誰にも相談しない毎日はきついと感じる事もありますが、件の相談事件がトラウマになってしまったので、誰にも相談することなく決断をしてきました。

経営者になる以上、そのくらいの孤独は引き受けなければならない。そのことは頭では理解しているつもりでした。でも、一人で決断して会社を経営して行く事は、想像以上に過酷な道なのだと実感しました。

今になって思います。ジェンダー論はさておき、女性の悩みは女性に相談しておいた方が良かったのではないか? と。

冒頭の経営の悩み相談にしても、もし女性に相談していたら、帰り際に「愚痴を言いたかったんだよね」とは言われなかったと思います。何というか、女性同士だと「共感」で会話が終わることが多いなーと思います。ちょっと違うなーと思う場合、そもそもそんなに仲良くならない(笑)共感するから仲良くなって、プライベートの時間も一緒に過ごすようになる、そんな気がします。


話は少しそれるのですが、幸せについて最近よく考えます。
この毎日が本当の幸せなのか? と。会社経営を始める時点で、社員の幸せを最優先すると決めて走って来ましたが、自分の幸せについて全く無視しているのでは、そもそもの「幸せ」がイメージ出来ないのではないか? と。


「幸せ」とはなんでしょう?

家族を持つことでしょうか?
仕事で売り上げが上がることでしょうか?
社員と仲が良いことでしょうか?
出世したり名声を得たり、著名人の知り合いを増やすことでしょうか?


未だ答えは出ておりませんが、私の欲しい幸せのひとつは「自由であること」です。

時間的自由、金銭的自由、社会的自由。

これら全てを満たすのは本当に難しいことです。特に「時間とお金」はセットで手に入れるのがとても難しい。「貧しくても時間のたっぷりある生活」と「時間に追われ続けているけれど自由になるお金はある生活」は、前者の方が体が圧倒的に楽なので個人的には前者が好ましいですが、なんとなく世の中的には後者の方が「幸せ度が高い」と思われていますよね。たまにバカンスに行ければそれでいい、みたいな。

幸せの形はそれぞれですが、後悔のない人生を過ごしたいと思います。
最近読書量が少し増えたので、様々な考え方が一気に自分の中に入ってきて、過去に悩んでいた事に少しずつ答えが出始めています。このタイミングで自分の時間を持って、自分と向き合う時間を取ることができて良かったと思います。

あと3日で、会社経営も5年目に入ります。もう「新米社長」と甘えることも出来なくなります。過去のしがらみやコンプレックス、自分の中の壁を壊して大きく前進したいと考えています。

長くなりそうなので、今回はこのへんで・・・

follow us in feedly